TOP >  2014年度のコンクール >  その他

その他

コンクールは終わりました。以下の情報は、参考として消さずに載せております。

入賞者披露コンサート

主催者は入賞者が出演する入賞者披露コンサートを実施する。

入賞者は、本コンサートの出演に同意しなければならない。

本コンサートで演奏する曲目は、コンクールの第二次予選、または本選において出場者が演奏した曲目からコンクール事務局が指定する。演奏部分を指定することがある。

入賞者の当コンサートへの出演に対する報酬は支払われない。

伴奏者・練習

海外からの出場者には、主催者が嘱託伴奏者を用意する。

日本国内出場者、及び海外からの出場者で自ら伴奏者を用意する場合は、伴奏者に要する一切の費用は出場者の負担とする。

嘱託伴奏者との練習は実行委員会の定めるスケジュールにおいて行うことができる。

本選会出場者は本選前日30日においてオーケストラとの練習を実行委員会の定めるスケジュールにおいて行うことができる。

査証取得

コンクール出場のために入国査証が必要な場合は、出場者本人の責任で入国査証を取得すること。
共演者についても同様とする。なお、査証取得のため招へい状等を必要とする場合は、コンクール事務局に申請すること。

保険

コンクール出場時の出場者自身の健康・傷害に関する保険、及び楽器・手荷物・その他の所持品に関する火災・盗難・破損に関する保険は、必要と思われる場合は、本人自身が加入すること。

著作隣接権等

本コンクールで行われる演奏についての、写真、録音、録画、放送、CD販売等に関する諸権利は、主催者に帰属する。

プライバシーポリシー

申込時に記載される個人情報は、日本の法律に基づき事務局が管理し、当コンクールの運営のためにのみ使用する。

日本の法律への準拠

この要項に関して発生する問題については、日本語の本要項に基づき、かつ日本の法律に準拠して解決される。

コンクール期間中の演奏活動

コンクール出場者は、コンクールにかかわるものの他、コンクール期間中いかなる演奏活動も行ってはならない。
ただし、通過できなかった審査段階以降については、この限りではない。