---本選の結果発表 | ---

ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクール 本選の結果が発表されました。

1位 & 濱中浩一賞 & 横須賀賞 Alessandro Beverari

コメント

信じられない! 今の状態が信じられないくらい嬉しいです。
このコンクールのために4ヶ月準備をしてがんばってきました。リズムを掴む準備と、モチベーションを維持する努力をしてきた。本選ではベストな状態で曲を演奏できても、結果がついてくるどうかはわかりませんでした。
モーツァルトの曲は6月にイタリアでも演奏しました。長い曲なので、暗譜して演奏するのが少し怖かった。そのため良く演奏しようとする努力に気持ちが向かい、楽しい気持ちがあまり味わえなかった。本選がソロ演奏だけでなく、オーケストラと一緒に演奏できたのが良かったです。
優勝できてとても幸せです。このコンクールがさらなる技術向上へのエネルギーになり、クラリネットだけではない、さらに大きい音楽の夢を叶えるためのスタートになるといいなと思っています。

2位 Youjin Jung

コメント

2位になれてとてもうれしいです。マエストロ、そして東京のオーケストラと一緒に演奏できたのが良かったです。
ランスロコンクールの出場はこれで3回目です。4年前に横須賀、2年前にルーアンでランスロコンクールに参加しました。前の2回のコンクールは、一次予選、二次予選、本選と3回の演奏でしたが、今回は準本選含め4回まであったので、体力にも気持ちにも大きな負担がかかりました。
本選を終えて、もっと練習しなくてはいけないと思いました。それに、ステージの上で居心地よく感じることができませんでした。もっとステージ上でのパフォーマンスを磨いていかなければ。私はパリ高等音楽院の3年生になるところですが、さらに学ぶことに力をいれていきたいです。

3位 Tiago Bento

コメント

入賞できて嬉しく思います。賞が一番大事ではなく、モーツァルトをオーケストラと一緒に演奏できたことが一番大事なことでした。本選の演奏は自分にとって挑戦でした。暗譜だということもあり、曲調や音を思い出しながらの演奏で難しかった。でもモーツァルトの曲を演奏できたのコンクールにも挑戦します。

---一次予選通過者決定 | ---

ジャック・ランスロ国際コンクール2018、一次予選の通過者が決定しました。
二次予選は8月29日、30日に行われます。

出演順 ID 出演者名
5 b0103 Tiago Bento
9 b0029 小林 知世
18 A0091 勝山 大舗
19 b0043 Yeeun Shin
23 b0041 Soon Won Lim
25 b0099 WooJin Kim
27 b0059 LEE Li-Ling
29 b0079 wongyo Chung
41 b0081 Byung-ho Park
42 b0027 Xiangyu Zhou
45 b0050 Víctor Díaz Guerra
55 b0091 István Kohán
65 b0088 Sergio Coelho
70 b0107 Ann LEPAGE
71 b0104 Frederik Virsik
74 b0011 Ya-Yun Jian
75 b0013 Chung Yoo
83 b0026 Jing Peng
86 b0082 Alessandro Beverari
87 b0084 Ho yeon Shin
96 b0096 Youjin Jung
101 b0020 Yung-Yuan Chiang
102 b0106 Wei Pan

 

Pic

---入賞者披露コンサートの席について | ---

チラシなどで記載しております、「9月5日入賞者披露コンサートのお知らせ」ついて誤りがございました。

(誤)全指定席 → (正)全席自由

お詫びして訂正いたします。

---音源のアップロードについて | ---

現在、申込みを多数いただいており、音源のアップロードが上手くできない場合があるようです。

音源の提出は4月7日まで可能ですので、アップロードが難しい場合は、時間を置いて再度アップロードしてみてください。

---Laurent Pic閣下、名誉実行委員長に就任しました。 | ---

駐日フランス全権大使、Laurent Pic閣下が、JLICC 2018の名誉実行委員長に就任しました。

---コンクール申込受付中です。 | ---

締切は3月30日までです。お早めにお手続き下さい。

コンクールの応募期間

2018年1月15日(月)~3月30日(金)必着